梅雨だわ。

f0235549_22194422.jpg
梅雨入りとともに、福岡の義父母からびわが届きました。自宅の敷地内にある木で収穫されたびわは小ぶりだけど美味しい。家庭菜園は趣味の域を超え、春はスナップエンドウ、びわ(果物ですが)、いんげん…ときて、キュウリ、トマト、なす、オクラなどの夏野菜に続きます。「送り賃の方が高いけど」と送ってくれる野菜は、どれも美味しい!


それにしても、日々、時間が上手く使えないなぁ。
仕事を始めてから、1日があっという間。そしてすぐ眠くなる…。

仕方がないけど、自分のためのスケジュールもあんまりない。
この間、ふと考えたら3月の頭にお友達に誘ってもらって宝塚の公演を観に行き、次が先週のママ友との飲み会(家から1分の焼き鳥屋…)。

でも仕事は楽しいです。お給料めちゃ安いけど、忙しいけど、自分の頭をくるくるっと働かせて仕事の段取りを考えるのがそもそも好きなのかも。

最近読んだ本。

野心のすすめ (講談社現代新書)

林 真理子 / 講談社



「自分の仕事が積み重なって、ある日、何かの結果が出るという楽しさは、恋とか愛ともまた違う、もっと人間的な深いところに根ざしている」という一説が、妙に好き。色んな考え方があるけど、私が仕事をしたい理由はきっとこんなことなんだろうなぁ、と。もちろん子育ては大事な仕事なんだけど、外で仕事をすることで子育てを少し俯瞰して見るのも自分にとってはプラスになっていたと思う。もちろんその逆も。
しかし、一旦社会から離れるとどうしてこうもチャンスが少ないのか? 周りの子持ちパートさんたちがみんな結構なキャリアを持っていながら安い時給で頑張っているのを見ると、何だかなぁと思うわ~。

色々じめじめ考える梅雨時です。
[PR]